宿ブログ

下仁田ネギ

2017年09月25日

江戸の大名に「いくらかかっても構わないから大至急200本送れ」と言わせたり、 明治~昭和にかけて三度も皇室に献上された下仁田ネギ。他の品種のネギに比べて太く、生のままでは非常に辛いが、加熱すると甘みが強くなり、非常に柔らかい滑らかな食感となる為、薬味としてでなく加熱調理に用いられます
美味しいですよ